沿革の概要


明治40年 4月 1日 滝川町字下幌加3832番地に、滝川尋常高等小学校幌倉特別教授所開設。

明治41年 6月16日 滝の川尋常高等小学校幌倉分教場となる。

明治42年 2月 9日 滝川第二尋常小学校幌倉分教場と改称。

大正11年 4月 1日 滝川第四小学校と校名変更、独立校となる。

昭和16年 4月 1日 国民学校令施行により、滝川第四国民学校と校名変更。

昭和22年 4月 1日 学制改革により、滝川第四小学校と校名変更。

昭和27年 4月 1日 滝川町立東栄小学校と改称。校歌・校旗制定。

昭和33年 7月 1日 市制施行により、滝川市立東栄小学校と改称。

昭和38年11月28日 新校舎落成。

昭和50年 9月23日 滝川市教育振興会指定公開研究会開催。

昭和55年11月14日 校舎改築工事。視聴覚室、プレールーム、資料室、特別活動室、給食室完成。

昭和57年 7月 5日 東栄小学校プール完成。

昭和58年 9月14日 滝川市教育振興会指定公開研究会開催。「児童活動を通して、自ら意欲をもってやりぬく子どもの育成」

昭和62年10月30日 滝川市教育振興会指定公開研究会 並びに開校80周年記念公開研究会開催。「主体的な生き方を育てる道徳教育」

平成元年 9月30日 校舎大改修工事竣工。ランチルーム、給油管敷設、トイレ水洗化。

平成元年10月20日 滝川市PTA研究大会開催。

平成 6年11月11日 滝川市教育振興会指定公開研究会開催。「興味と意欲を持ち、主体的に取り組む体力作り」

平成 9年11月16日 開校90周年記念式典挙行。

平成11年11月12日 滝川市教育振興会指定公開研究会開催。 「生き生きと学び、お互いに励まし合う子どもの育成」

平成17年11月18日 滝川市教育振興会指定公開研究会開催(算数科)。

平成19年 1月30日 児童会書記局 滝川市青少年善行賞受賞。
      11月18日 開校百周年記念式典挙行。

平成20年 2月18日 沖縄県名護市児童交歓学習(名護市5年生児童25名来校)。

平成21年 9月 9日 国際交流JICA(農業研修生との交流)。
       9月28日 空知へき地・複式教育研究会 芦別・滝川大会。

平成22年 9月 8日 国際交流JICA(農業研修生との交流)。
      10月 7日 北方四島交流事業(ロシアの方と交流)。

平成23年11月17日 滝川市教育振興会指定公開研究会開催(国語科)。

平成24年 3月24日 閉校式。