校 長 室
      平成27年度 滝川市立滝川第二小学校経営方針
1.学校経営の基調
   少子高齢化、国際社会化等、社会情勢が急速に変化する中で、社会全体が様々な問題や課題を抱
 え変革の時代を迎えている。そのような中、学校教育には先見性や創造性を持ち、社会の発展を支
 え、新しい時代を創造する人材を育成することが求められている。 学校では子ども自身が自己実
 現を目指そうとする意欲や態度を育て、夢や目標の実現に向け「確かな学力」「豊かな人間性」 
 「健やかな体」をバランスよく育て、自らの力で生き抜く力を育む教育活動を進めていかなければ
 ならない。
  本校では教育目標の達成に向けて、全教職員が一丸となって「第二小学校の子ども達の健やかな
 成長のために」を総意に、子どもの側に立った適切な指導を行うとともに、家庭や地域、関係機関
 と密接な連携を取りながら教育活動を進めてきた。
  今後も、子ども達一人一人の意欲と関心を引き出し、「何を教えるのか(知識の質や量)」から 
 「どのように学ぶのか(学びの質や深まり)」を重視する教育へ転換を図りながら、幅広い見識と専
 門的な知識・技能、実践的な指導力をより一層向上させ、その中で教職員一人一人が持ち味を発揮
 し、子ども達と行動を共にし、共に汗し、心と心の触れあいを大切にした教育活動を展開すること
 で、子ども達が将来、幸せな未来を築いていくために必要な「生きる力」身につけさせていきた 
 い。
1.本校の教育目標
     じょうぶな子   考える子   やりぬく子   思いやりのある子
2.めざす学校像
     子どもにとって楽しい学校
     教職員が互いに高め合い、誇りに思う学校
     子ども達を保護者・地域とともに育む学校
3.経営の方針
     全教職員の積極的な参画による組織的な学校経営の推進
     知・徳・体のバランスのとれた「生きる力」を育む教育活動の推進
     自他の人権を尊重し合う豊かな心を育む教育の推進
     教職員相互の協働意識の確立と資質の向上
     保護者・地域との連携と開かれた学校の創造
4.今年度の重点目標
   夢や目標の実現のために子ども達一人一人が主体的に学ぼうとする学校
5.重点目標達成のための具体的方策
   @教育課程の適切な編成・実施
   A確かな学力を保証する学習指導の充実 
   B豊かな心の育成
   C健やかな身体を育む教育活動の展開 
   D子どもの心に寄り添う生徒指導を通し互いを尊重し合うより良い人間関係の構築
   E子どもの可能性を伸ばす特別支援教育 
   F安全教育・防災教育の充実
   G教育環境の整備と施設・設備の有効活用
   H保護者・地域との信頼関係の確立